読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレース整骨院

大阪市、東住吉区、駒川、北田辺で腰痛でお困りなら 「腰痛ヘルニア・狭窄症専門グレース整骨院 」 北田辺駅徒歩15秒 TEL:06-6714-6569 完全予約制

痛みや不調を解決する2つの理論

①神経牽引理論

からだの痛みの原因は神経が圧迫されて起こる考える神経圧迫説と神経が引っ張られて起こると考える神経牽引説があります。背骨コンディショニングは神経が引っ張られて、神経の異常伝達により、痛み、しびれ、むくみ、筋肉の張り、関節の痛み、内臓の不調などを引き起こすと考えます。

現代医学では腰椎のヘルニア、脊柱管の狭窄による神経の圧迫がないのに痛みやしびれがある場合は原因不明とされ、脳やストレスによる説があります。しかし解明されておらず腰痛の85%が原因不明なのです。

 

仙腸関節可動理論

仙腸関節は不動関節、ほとんど動かないととされてきましたが、仙骨は動くことが実証されています。そのため仙骨が後ろにずれたり、傾いたり、回転することで神経が牽引され、片側の坐骨神経が牽引されて坐骨神経痛を引き起こします。

仙骨が後ろにずれると代償姿勢を取り、腰の前への反りがなくなり、背中が丸くなり、頭と肩が前に出ますので、首・肩・背中・腰の負担が大きくなりからだの不調を引き起こします。

 

f:id:bible1994:20160617175107j:plain